申請書はこちら

仙台市地域企業デジタル化補助金の新規のお問い合わせ※につきましては、令和2年度仙台市地域企業デジタル化推進事業募集要項「3事業の流れ」を踏まえ、10月30日(金)13時をもって受付を終了させていただきますので、お早めにお申し込みください。 ※令和2年度仙台市地域企業デジタル化推進事業募集要項「3事業の流れ」のうち、「1お問い合わせフォームにてお申込み」を指します。

こんなお悩み抱えていませんか?

  • ・新型コロナウィルス対応でテレワークを推進したいが何から始めたらよいか分からない
  • ・日々の努力で生産性向上には取り組んでいるが、思った以上に業務効率が上がらない
  • ・従来の営業・販売手法に加えて、インターネットを介した新しい販促手法に取り組みたい
  • ・勤怠管理や人事評価等の業務を紙や人力の依存からITを使ったシステムに切り替えたい
  • ・自社のデジタル化を推進したいが、効果検証するための初期投資が捻出できない

仙台市地域企業デジタル化推進事業で解決できます!

事業の目的

仙台市地域企業デジタル化推進事業は、新型コロナウィルスを想定した「新しい生活様式」の実践や、働き方改革関連法への対応、労働人口減少等に対応するため、テレワークをはじめとしたITツール導入等に要する経費の一部を補助することにより、地域中小企業のデジタル化を推進することを目的としています。

仙台市地域企業デジタル化推進事業

申請書はこちら

事業概要

コロナ禍では、地域中小企業においても、業務のデジタル化やテレワーク導入など新たなビジネススタイルへの転換が求められています。

直近では「デジタル成熟度の高い中小企業の収益や生産性は、そうでない企業に比べて2倍高く、約7割は新型コロナウイルス感染症でビジネスのデジタル化を加速していると答え、86%はデジタル化がコロナ禍の危機から回復する上で有益だとする傾向が明らかになった」というデータも出ています。

本事業では、経験豊富な専門家によるコンサルティングおよびデジタル化に要する初期経費の補助を行うことで、デジタル化がスムーズに実施され、生産性の向上につながるようバックアップいたします。

対象者

仙台市内に本店を有する中小企業、又は個人事業主であれば、どなたでも対象になります。応募にあたっては、以下のすべての要件に該当していることをご確認ください。

  • (1) 中小企業基本法(昭和38年法律第154号)第2条第1項に規定する法人又は個人事業主であること
  • (2) 仙台市内に本店を有する法人又は仙台市に住所を有する個人事業主であること
  • (3) 政治活動及び宗教活動を目的としていないこと
  • (4) 仙台市の市税を滞納していないこと
  • (5) 暴力団等との関係を有していないこと
  • (6) 大企業から、次に掲げる出資又は役員を受け入れていない法人であること
    • ・発行済み株式の総数又は出資価格の総額の2分の1以上を同一の大企業が所属している法人
    • ・発行済み株式の総数又は出資価格の総額の3分の2以上を同一の大企業が所属している法人
    • ・大企業の役員又は職員を兼ねている者が、役員総数の2分の1以上を占めている法人
  • (7)風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条に規定する「風俗営業」、「性風俗関連特殊営業」及び「接待業務受託営業」を営むものでないもの

仙台市地域企業デジタル化推進事業

申請書はこちら

対象事業

本事業で指定するコンサルタントのコンサルティングを受けながら業務のデジタル化やテレワーク導入に取り組む事業が対象になります。

ただし、補助金の対象となる事業について、他の補助金、助成金等が交付されている場合は対象事業としません。

対象経費

対象事業を実施するに要する経費を補助対象とします。具体的には、以下の区分に該当する経費とし、
補助金交付決定後(2020年11月上旬を予定)に発注し、補助対象期間内(2021年2月28日)に支払いが完了したものを対象とします。

補助金の額および補助率

補助金の額は5万円を下限、50万円を上限としています。(1,000円未満切捨て)補助率は補助対象経費の10/10です。

仙台市地域企業デジタル化推進事業

申請書はこちら

本事業の活用例

テレワーク・リモート活用の例

  • ・WEB会議システム
  • ・グループウェア・チャット
  • ・各種基幹システムのクラウド化

売上アップ・顧客対応業務強化の例

  • ・ホームページなどを活用した集客
  • ・顧客管理・営業支援システムの導入
  • ・WEBを利用した非対面での商談・顧客対応

生産性・社内業務効率化の例

  • ・基幹システムの見直しや導入
  • ・電子承認/ワークフローシステムの導入
  • ・RPAを使った業務の自動化

人材・組織力強化の例

  • ・勤怠管理・給与などシステムの整備
  • ・人事評価・マネジメントシステムの導入
  • ・デジタルを活用できる人材の育成・教育

仙台市地域企業デジタル化推進事業

申請書はこちら

コンサルタントの紹介

仙台市地域企業デジタル化推進コンサルタントが市内の中小企業・個人事業主をご支援します。本事業に参画しているコンサルタントは、
いずれも中小企業向けのコンサルティング経験が豊富な人材です。

スマイルアップ合資会社 代表 熊谷美威

1994年ソフト販売店を経営。2002年に合資会社スマイルを設立。2009年に宮城県大崎市の携帯電話会社を共同経営。ソフトバンショップ売上・粗利共に日本一を達成する。その後2013年よりクラウドサービス導入コンサルに専念。2016年、2017年と2年連続で支援先企業がkintoneAWARDでグランプリを受賞する。この実績により人口減少地域や斜陽産業と言われるマーケットでもITの活用によって活路が開けるということを証明。2018年大手各社との共催IT活用セミナーを多数実施。2019年CYBOZU AWARD2019<コンサルティング賞>を受賞。

株式会社funaku 代表取締役 鈴木悠介

働きがいのある企業ランキングトップ10企業である株式会社アシストにて、8年間経営企画を牽引。全社戦略チームリーダーとして、各領域を横断する変革プランを企画・推進。主に中期経営計画の策定、年度予算編成、戦略子会社設立、商品別管理会計構築、ジュニアボード企画運営、全社マーケティング組織立ち上げ、360フィードバック導入運用など手掛ける。仙台に戻り株式会社MAKOTOに参画。地銀と連携したコミュニティの形成、UIJターン起業支援、副業人材を通じた関係人口創出事業等をリード。2020年1月仙台市を拠点に株式会社funakuを設立し、代表取締役に就任。経営学修士(MBA)。

株式会社Pallet 代表取締役 羽山暁子

ICU卒後、インテリジェンス新卒入社。営業のち人事部配属。(株)ブレインパッドでIPOを人事マネージャーとしてサポート。 アドラー心理学に基づくコーチングコミュニケーションを元に、エグゼクティブコーチ、組織のコミュニケーションデザインを行う。 人事系ITツールに精通。2018年(株)仙台市にPallet設立。

スマイルアップ合資会社 代表 熊谷美威

1994年ソフト販売店を経営。2002年に合資会社スマイルを設立。2009年に宮城県大崎市の携帯電話会社を共同経営。ソフトバンショップ売上・粗利共に日本一を達成する。その後2013年よりクラウドサービス導入コンサルに専念。2016年、2017年と2年連続で支援先企業がkintoneAWARDでグランプリを受賞する。この実績により人口減少地域や斜陽産業と言われるマーケットでもITの活用によって活路が開けるということを証明。2018年大手各社との共催IT活用セミナーを多数実施。2019年CYBOZU AWARD2019<コンサルティング賞>を受賞。

株式会社funaku 代表取締役 鈴木悠介

働きがいのある企業ランキングトップ10企業である株式会社アシストにて、8年間経営企画を牽引。全社戦略チームリーダーとして、各領域を横断する変革プランを企画・推進。主に中期経営計画の策定、年度予算編成、戦略子会社設立、商品別管理会計構築、ジュニアボード企画運営、全社マーケティング組織立ち上げ、360フィードバック導入運用など手掛ける。仙台に戻り株式会社MAKOTOに参画。地銀と連携したコミュニティの形成、UIJターン起業支援、副業人材を通じた関係人口創出事業等をリード。2020年1月仙台市を拠点に株式会社funakuを設立し、代表取締役に就任。経営学修士(MBA)。

株式会社Pallet 代表取締役 羽山暁子

ICU卒後、インテリジェンス新卒入社。営業のち人事部配属。(株)ブレインパッドでIPOを人事マネージャーとしてサポート。アドラー心理学に基づくコーチングコミュニケーションを元に、エグゼクティブコーチ、組織のコミュニケーションデザインを行う。 人事系ITツールに精通。2018年(株)仙台市にPallet設立。

お問い合わせ

仙台市地域企業デジタル化推進事業事務局(有限会社ATUMS内)

本事業は、公益財団法人仙台市産業振興事業団より委託を受けて有限会社ATUMSが運営しております。

有限会社ATUMS 〒983-0852 宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目13-13 カボウ社ビル301

本補助金の内容や申請手続き等についてご不明点等がございましたら、こちらからお問合せください。担当者にて確認の上、ご連絡いたします。

TEL :022-292-0525(10:00〜17:00 土日祝を除く)
E-mai:sendai@dxsuishin.info